レジのパートは近所で始めないほうが良い!?長所と短所をご紹介!

目安時間:約 13分

「レジのパートでも始めてみようかな」

と思ったとき、気になる事っていろいろあると思います。

 

勤務時間や時給は求人情報に書かれてあるのですぐに分かりますが、仕事の忙しさや、どんなお客さんが来るの?といった事は実際に働いてみないとなかなか分かりません。

 

 

どのスーパー(会社)に採用されるかというのも大事なんですが、どのお店(勤務場所)で働くか、というのも同じくらい大事です。

主婦の方ならパートの後で家の用事もありますし、なおさら働く場所は慎重に選びたいですよね?

 

 

今回はその手助けになればと思い、レジのパート編 近所で働く時のメリット・デメリットについて記事を書いてみました!

 

パート探しの参考にしてみてくださいね。

レジのパート 近所で働くメリット

通勤がラク

「近所のスーパーで働く」というとき、一番に思い浮かぶメリットと言えるのではないでしょうか。

とくに徒歩や自転車で通えるぐらい近所だと、車や電車・バスでの通勤に比べて体力的な負担は激減します。

 

出勤ラッシュや帰宅ラッシュの渋滞につかまって車が動かなくなったり、満員電車で座ることもできず立ちっぱなしで数十分揺られたり…。

 

 

余談ですが僕も現在、職場まで片道1時間近くかけて通勤するというなかなか愉快な日々を過ごしています。

(自宅近くに店舗がないので、どうしても遠い所に配属されるんです…)

 

通勤に時間がかかると、家を早く出ないといけないので睡眠時間も削られますし、疲れもたまりやすくなるんですよね。

つい寝すぎて、バタバタ慌てて家を飛び出したり。

 

せめて通勤距離が半分なら、朝もう少し家でゆっくりできるのに…。と思うんですけどなかなか難しいものです。

 

 

 

家と職場の距離が近くなるだけで、体力的なゆとりはずいぶん違いますよ!

 

 

自宅にすぐ戻れる

これはちょっと地味な話ですが、毎日の事だとメリットを実感できます。

例えば自宅に忘れ物をしても、数分で戻れるなら休憩時間に取りに行けますし。

(上司の許可は必要かもしれませんが…)

 

お昼休みも自宅で過ごすことができます。

休憩時間がそんなに長くなくても、たとえば朝ごはんの残りをラップに巻いてお皿に取っておいて、自宅に戻ってレンジで温ればすぐに食べられます。

 

 

僕ら男性は1人で休憩したいとき、自分の車に戻ってお昼ごはん→そのままシートを倒して仮眠…なんてこともできますが、女性だと難しいですよね。

自分の家なら、誰にもなんの気兼ねもなく休憩できますよ。

 

もちろん職場の休憩室でパートさん同士、ワイワイ話しながら過ごすのだって楽しいでしょう。

日によってみんなと集まって休憩するか・ひとりでゆっくり休憩するか選ぶことができるのは大きいと思います。

 

悪天候に強い

車通勤をする人にとってやっかいなのは、雪や大雨などの悪天候です。

僕も車通勤なのでわかるのですが、天候が悪くなるといつもより通勤が大変になります。

 

いつもは原付や自転車で通っている人も、天気の悪い日は車で通勤します。

そうするといつもより車が増えて、道が混みやすくなるんですよね。

通勤距離にもよりますが、10分~20分は通勤時間が伸びてしまいます。

 

特に影響が大きいのは雪の日です。

僕の住んでいる岡山はそれほど雪の降らない地域なんですが、それでも年に数回は雪が降りますし、2・3年に一回ぐらいは積もったりします。

 

雪の積もった日の通勤は大変で、国道の雪は解けていたとしても、自宅から国道に出るまでの生活道路はまだまだ雪が残っていたり下手をすると凍結していたりもします。

 

数年前、大雪の降った日があるのですが、道が凍ってしまって自宅から車を出せないパートさんが続出。

普段の半分近い人数でお店を開けたこともありました。

※その分、お客さんも少なかったので何とかなりましたけどね。

 

 

自宅近くの職場だとこういう時に強いんです。

 

車が出せないような大雪でも、徒歩や自転車なら車ほど影響を受けません。

普段より車の数が増えたとしても、歩行者や自転車しか通らないような裏道を走れば、普段とそれほど変わらない感覚で通勤できますしね。

 

悪天候のなか傘やカッパを身につけて移動するのは大変かもしれませんが、通勤する距離が短いと、かかる時間も普段とそれほど変わりません。いつもより数分程度、余裕をもって出発するぐらいで十分です。

レジのパート 近所で働くデメリット

Alexas_Fotos / Pixabay

知り合いに会いやすい

近所の職場、特にレジのパートを始めると、ご近所さんに会うことが非常に多くなります。

 

午前中~お昼は、散歩がてら買い物に来られるお年寄り。

夕方~夜は夕食の買出しに来られる主婦の方など。

 

スーパーと言うお店がそれぞれの地域に根付いて営業しているので当然ではあるんですが、製造業や事務職などに比べて顔見知りの人に会う確率は上がります。

ぶっちゃけ尋常じゃないくらい知り合いに会います。

 

 

レジのパートだと忙しい時間帯は特にレジを打ちっぱなしになるので、顔見知りの人が来てくれるのはいい気分転換になるんですが

※下手に休憩するよりもリフレッシュできたりします。

 

時には体調が悪かったり、たまたま疲れていたり、あまり知り合いに会いたくない時もありますよね?

 

そんな時でもほぼ毎日のように、誰かしら友人・知人・ご近所さんが買い物に来るので、人と会うことが好きではない人には少ししんどいかもしれませんね。

 

 

あとは、田舎だと特にその傾向が強いのですが「職場バレ」しやすいというのも特徴です。

 

 

人前に出る仕事なので仕方のない所ではあるのですが

       

○○さん、あそこのスーパーで働いてるらしいよ!

なんて話もあっさり広まります。

 

顔見知りの人が多く来るスーパーと言う職場だからこそ、余計にそんな話になりやすいんでしょうね。

 

休みの希望が重なりがち

先ほどお話ししたように、近所の職場でパートに出るということは様々なメリットがあります。

 

なので、どこのスーパーでも近所から通っているというパートさんは多いです。

そんな中あなたも同じように近所のスーパーへパートに出た場合、同じ地域の人達と一緒に働くことになります。

 

同じ地域の住人同士、共通の話題で盛り上がることもあるでしょうが、気をつけなくてはいけないのが学校行事や地域のお祭りなどです。

 

そんな日は当然、ほかのパートさんも休みたいと思うでしょうし、同じ地域の人達の間で休みの希望が重なりやすいのは近所の職場でパートをする時のデメリットと言えるでしょう。

 

 

特に小さいお子さんをお持ちの方は、よく話し合っておくことが大切です。

 

日頃からいろいろな話をしたり、困った時は助け合うなど周りのパートさんと良好な関係が築けていれば

いざという時、こちらも助けてもらえたりしますからね。

 

お互いに協力して、休みの日を融通し合えるような関係になれればベストですね。

 

寄り道ができない

これも、意外と盲点だったりします。

僕は通勤に片道1時間かかるのですが、街中を抜けて帰るので、帰り道にいろいろな場所があります。

 

銀行やコンビニ、ケーキ屋さんにドラッグストア…。

夜遅い時間だと閉まっていますが、早く帰れる日や出勤の遅い日は、仕事の前とか後でこれらのお店に寄ることができます。

 

帰宅のついでに、家族の誕生日プレゼントを買うこともできます。

それだけ通勤距離が長いってことでもあるんですけど。

 

 

パート先が近所だと仕事のついでに立ち寄ることができません。

最悪、自宅から車で数十分移動しないといけない、なんて場合も…。

 

いつもの通勤ルートならともかく、わざわざ自宅から数十分もかけて移動するのって、けっこう面倒なんですよね。

 

それなら休みの日に行けばいいか…、でズルズル後回しにしてしまったり。

 

 

それと、仕事帰りのちょっとした買い物が、ストレス解消というかいい気分転換になっている人も多いです。

 

僕のお店のパートさんも、仕事帰りのコンビニ通いが日課になっていて、自宅とは反対方向のコンビニまで(と言ってもすぐ近所なんですが)ほぼ毎日通っている人がいます。

 

ちょっとしたスイーツなんかを自分へのご褒美に買っているんですが、あえてコンビニまで通うことが重要らしいです。

 

もちろん、自分の職場にも同じような商品は売ってるんですよ?

でもその人にとっては「コンビニへ行く時間」というのも込みでリフレッシュになっているんです。

 

 

自宅の近所でパートをする事になったら、職場と自宅の往復になりがちです。

そんな時は毎日の生活リズムに変化をつけるためにも、こういった「自分だけのリフレッシュ時間」を作るといいですよ。

※コンビニに通いましょう!という話ではありませんので悪しからず。

 

さいごに|近所の人たちとガッツリ関わることになります

以上、レジのパートで近所へ働きに出る際のメリット・デメリットについて

お話ししました!

 

自宅の近所で働くと通勤がラクだったり、自宅に戻りやすいなどのメリットがある反面、知り合いによく会ったり、地域の行事で同僚と休みが被りやすい…なんてデメリットがあります。

 

 

近所へパートに出るということは地域に根付いて働くことになるので、良くも悪くも地域の人たちとガッツリ濃いお付き合いになりますし、行動範囲もコンパクトになりがちです。

 

 
ヒラノ

それを「地に足がついてる」と思うか「変化が少ない」と思うかですね。

 

私たちの考え方しだい…って事でもあるんですね。

 

大切なことは自分自身がどういう価値観で物事をえらんでいるのか、と言う点です。

そこがハッキリわかれば、パート先を選ぶとき大きな道しるべになってくれますよ。

 

じっくりよく考えて、ぜひあなただけの答えを見つけてみてくださいね!

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ